​木に感謝…「ありがとう」そして次の世代へ…

2022/09/08

IMG_9181.jpg

20年前に藤巻氏の手で植えた「加納岩白桃」。

今年の収穫が最後でした。

​とってもとっても甘くて、とってもとってもかわいいモモコを

たくさん実らせてくれました。

「自分で植えた木を切るのはさみしいな・・・

この木たちが子供たちを育てた時代、たくさんの実をつけて

たくさんの恵みを家族にくれたんだよ。」

枝を切りながら、藤巻氏がお話をしてくれました。

■308 movie ■

三十屋の桃畑はあちこちに広い敷地があります。

その中に、「ちびっこ畑」「小学校」。

そして収穫できる木たちの畑。

すべてが成人した木だけだと引退の時期も同じになってしまいます。

そしてすべてがちびっこ畑・小学校だけだと収穫ができない。

時期を見極めて木を伐採し、次の世代の新しい品種に代えていく事も

大事なお仕事のひとつです。

上手に畑の木たちのルーティーンを作ってあげます。

ちびっこも成人もおじぃちゃん・おばぁちゃんもいないと畑は成り立ちません。

収穫が終わった後のお仕事。

来年に。未来に。。向けての大切なお仕事です。

畑と木たちとゆっくりおはなしをしながら向き合える

​とても素敵な時間です。