ファイル_005-1.jpeg

308 Spring

 3月になると、日ごとに蕾が膨らみ始めます。

摘蕾(てきらい、つぼみの間引き作業)の最盛期です。

 花が咲き始めると、摘花(花の間引き作業)で大忙しです。

桃の木の下にネットを敷き、上向きの蕾や花を落とします。

 集めた蕾や花から花粉を取り、人工授粉の準備をします。

 摘花でとった花粉を、ダチョウの羽根の毛バタキで花粉の少ない花に受粉させます。

 

 満開から3週間、桃の実が1㎝ほどになります。

そこから日ごとに、葉は茂り実は大きくなります。

 摘果(傷果、小さい実などの間引き)作業の最盛期です。

 5月下旬から袋掛けが始まります。

桃の実を、虫や病気、日焼けから守ります。

​ 箱入り娘ならぬ、袋入り娘として大事に育てられます。

〒405-0017 

山梨県山梨市下神内川788 

info@sanjuya.com

☏ 0553-22-1193

©2021 by Sanjyuya. 

Proudly created with wix.com